競売代行とは?

競売代行とは?

競売代行とは?

競売代行とは、不動産を担保とした借金をした債務者が、返済できなくなったため、債務者に代わり、裁判所が売却する不動産物件のことを言います。

その不動産物件は、裁判所によって競売のにかけられ、落札したい方に代わって、その落札から引き渡しまでに関わる業務一切を代行することです。

 

主な特徴

■一般市場価格より比較的安い価格で購入できることが多いです。

■物件内見はできません。

■必ず手に入れられるとは限りません。

■落札後の物件に対して何らかの処理を行う必要がある場合が多いです。

 

専門家でないと対応、処理のできない物件もあり、一般の方が競売物件を落札した際、お困りになるケースも多々あります。

競売物件落札は、専門家に任せた方が結果的に出費を少なくすることが可能です。

埼玉・東京エリアで競売物件の落札をお考えの際には、ぜひご相談下さい

競売物件
CH女性